床のタイルがとても美しい玄関で過ごした新しい家

新しい家は玄関もまた新しく、床のタイルがとても美しく輝いていたのを思い出します。

黒っぽいタイルなのですが、その色が御影石のように美しく輝きます。

タイルってこんなに綺麗なんだなと感心したものです。

古い家にはそんな素敵な玄関のタイルではないですし、壁もくすんだ面白みの無い壁でした。

それが、新しい家の壁は漆喰の素敵な壁で、色も美しいベージュがかったホワイトの色がとても美しいのです。

そんな玄関に入るのがとても楽しく、いつも玄関で学校が終わると、そこで宿題をやっていました。

自分の部屋に行くのが面倒なこともあり、そこですましてしまうのです。

友人を呼んでは、その玄関でおままごとをやって遊びました。

玄関は狭いですが、そこには人の出入りがあり、それが何だか楽しいのでした。

新しい家の玄関はピカピカで、そこで過ごす夕食までの時間が何よりも好きでした。

今でもその玄関のタイルは割れることなく、洗うとその光沢を取り戻します。