住宅の断熱性を高めるメリットとは

数年前に家を新築した際、断熱性の高い住宅のメリットについて知る機会に恵まれ、自宅の断熱性についても色々と検討しました。

断熱性が高い住宅は、冷気や暖気が家の中と外で入れ替わりにくい特徴があります。たとえば、壁に使われる断熱材にもいくつか種類があり、断熱性の高い素材を使用することで、夏の暑さや冬の寒さなどを部屋に取り込みにくいといったメリットがあります。同時に冷房や暖房の効果も損失しにくいため、経済性に富んだ住宅とも言えます。

断熱性に富んだ素材を使用することで、エコロジー住宅として認定された場合、ローンを組む際優遇が受けられることがあります。

断熱性を高める方法として、窓を二重にするといった方法もあります。ガラスそのものを二重にしたり、熱を通しにくいガラスを採用することで、熱の交換がされにくくなり、断熱性を高めます。又、窓枠に後付けできるタイプは、古い住宅の窓からの暖気の損失や冷気の流入などを防ぐことから、人気の施工です。