特性の異なる断熱工法で最適な省エネ住宅を

住宅の断熱性を向上させると既存の住宅でも光熱費の削減等の効果はありますが、設計の段階で断熱性を高める住宅にすることが出来ればより省エネに効果的な住宅とを発揮します。

一般的な住宅では充填断熱または外張断熱が主に採用されています。同じ素材を断熱材に使用した場合には、住宅の構造材の間に断熱材を入れる充填断熱の方がコストを低く抑えられます。それに対して外張断熱では断熱材を外壁部分に設置するので、部屋のレイアウトに関係なく均一的な断熱効果を得ることが出来ます。

この2つの工法はどちらか一方しか使用できない訳ではないので、外張断熱で住宅を断熱材で包んだ上に充填断熱を施行して2重の断熱効果を得ることも出来ます。他にも壁部分に充填断熱を施行し、屋根部分には外張断熱を採用するという事も可能です。

住宅の場合は間取りが同じでも立地環境は全て異なるので、全てが同じ住宅というものは有りません。それ故に最適な断熱工法も住宅により異なってきます。コストと得られる断熱効果を考えた上で、満足出来る住宅を作りたいものです。

一つの方法として、壁に特殊な塗料を塗るだけで、より家の断熱性を高めることができます。
断熱性を高める家づくりなら、「ADIVA」の 「eco paint」を選べば、より断熱効果が高まります。
冷たい外気から家全体が冷えるのを防ぐことができ、暖房の効きを高める働きがあります。
部屋の温度を下げてしまう原因となる結露も防ぐことができるので、より断熱性も高まります。
寒さ対策が塗るだけでできるこの塗料は、熱伝導率が0.013kcal/mh℃となるために、より断熱効果を高めるのです。

躯体を一定の温度で維持することができるので、より外断熱効果を高めては部屋の温度ムラを低くできるのも魅力的です。
このエコペイントなら、冬の寒さを軽減しては光熱費を30%も減らすことができます。
又、ADIVAは室内の壁や天井に塗ることもできます。

ADIVA20を塗ることで、より部屋から暖かな空気が外へと逃げないようにできます。
気泡が小さいことが効果を高めるところです。
こういった簡単に塗れる塗料を塗るだけで、より断熱性を簡単に高められる家が建てられます。

<特別サポート>
生命保険の選び方|スマホアフィリエイト|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|FXシストレ|内職 アルバイト|お小遣いNET|貯蓄|内職|アフィリエイト相互リンク|JALカード|ライブチャット|アダルトアフィリエイト|スマホチャットレディ|